サービスエリアや品質は大丈夫ですか?

Fiimoは、au、NTTドコモから回線を借りているので、エリア・品質も 変わらずご利用いただけます。 スマホの画面にも、au、ドコモのマークが表示されます。

どうしてこんなに安いのですか?

大手携帯電話会社のような大規模なショップ展開や、端末購入補助などを極力抑制し、費用削減しているからです。
一方で、モバイル回線は、auおよびNTTドコモから借用してご提供していますので、それぞれの回線と同じサービスエリアで、高品質のサービスを安心してご利用いただけます。

Fiimo乗り換えのデメリットはありますか?

携帯電話会社が提供しているキャリアメール(@docomoや@ezwebなど)はご利用いただけなくなります。(これは、携帯電話会社を乗り換える場合に必ず発生するデメリットです)
Fiimo乗り換え後は、Fiimoのメールアドレス(@ma.fiimo.jp)を1つ無料でお使いいただけるほか、g-mail等のフリーメールアドレスもご利用可能です。

また、Fiimoの通信速度が混雑時(お昼休みなど)に、一時的に低下する場合があります。ただし、速度が低下した場合においても、SNS、ニュースサイトの閲覧、メールなどは問題なくお使いいただけます。(速度が低下した場合、動画閲覧でコマ落ち等が発生することもあります)

2年縛りや端末代の支払いがある場合、乗り換えは損ですか?

Fiimo乗り換えで月額の通信料金が大幅に下がるため、ほとんどの方が、2年縛りの違約金や端末残金を払ってもおトクになります。(月額料金の差額×数ヵ月で、違約金を取り戻すことができます)

違約金の元が取れるか、計算してみましょう

更新月以外にFiimoに乗りかえる場合、現在契約中の大手キャリアに違約金として9,500円を支払う必要があります。 (※一定の条件により、上記金額と異なる場合があります。)

この金額と格安スマホに変えた場合の差額を比較してみましょう。

端末残金がない場合

※1:大手携帯電話会社の5分かけ放題(スマートフォン)+データ定額(3GB)+ネット接続料金をご利用年数5年未満のお客さまが2年間の定期契約でご利用の場合の合計金額。
※2:Fiimoの音声&データ通信タイプ(3GB)+Fiimoおトクでんわ10分かけ放題の場合にキャンペーンを適用した際の合計金額。

差額は、6,000円-1,100円=4,900円。 2ヶ月で9,800円となり、違約金を払ってFiimoに乗り換えた場合の元が2ヶ月で取れることがわかります。

端末残金がある場合

※1:大手携帯電話会社の5分かけ放題(スマートフォン)+データ定額(3GB)+ネット接続料金をご利用年数5年未満のお客さまが2年間の定期契約でご利用の場合の合計金額。
※2:Fiimoの音声&データ通信タイプ(3GB)+Fiimoおトクでんわ10分かけ放題の場合にキャンペーンを適用した際の合計金額。

差額は、7,000円-3,600円=3,400円。3ヶ月で10,200円となり、違約金を払ってFiimoに乗り換えた場合の元が3ヶ月で取れることが分かります。

ですので、更新月が翌月や翌々月と近い場合は、更新月を待ってから格安スマホに乗り換えたほうがお得ですが、更新月が先であれば先であるほど、端末残金があっても、違約金を払ってでも早めに乗換えをしたほうがお得になります。

現在使用している携帯電話番号をFiimoに引き継ぐ際には、多くの場合、MNP転出手数料として3,000円を現在ご契約中の携帯電話会社に支払う必要があります。また、Fiimoご契約の際には、契約事務手数料として3,300円がかかりますが、これらのお金も月額料金の差額ですぐに元が取れます。

なお、Fiimoショップでは、お客さまの現在の契約状況に合わせて、Fiimoに乗り換えた場合のおトク額算定を行いますので、お気軽にご来店・お問合せください。

お近くのフィーモショップを探す

iPhoneは使えますか?

au版、NTTドコモ版、SIMフリー版のiPhoneでは、5s以上でFiimoをご利用いただけます。
ソフトバンク版のiPhoneでは、6s以上でFiimoをご利用いただけます。

また、新たにiPhoneと組合わせたい場合は、FiimoでiPhoneをセット購入できるほか、アップルストアで購入したiPhoneとFiimoを組み合わせることもできます。

どうやって申し込めばよいですか?

Fiimoのお申込みは、Webからのお申込み、またはショップでのお申込みとなります。

  • 今すぐwebからお申し込み
  • お近くのフィーモショップを探す

お申込みの際には、
・クレジットカード
・本人確認書類(免許証、保険証など)
・MNP予約番号(今の電話番号を引き継ぐ場合)
が必要となります。

なお、Fiimoお申込み名義と、クレジットカード名義、MNP予約番号名義は同一である必要があります。
ご家族契約等で、Fiimoお申込み名義とMNP予約番号名義が異なる場合は、ご契約中の携帯電話会社側で、名義変更手続きをお願いいたします。